• 2020年11月14日
  • 2021年4月16日
  • 未分類
  • 17View
  • 0件

嫌いでも愛する

愛とは感情でなく理性でするもの

愛の中にはアガペ 無償の愛

何よりも大切なのは愛 —アインシュタインの言葉

愛の原字 「旡 + 心」 「旡」は 「既」 いっぱいである

「旡」 : 人間が後ろを向く姿

愛 という時の 上の部分は 頭を意味し 頭を一生懸命巡らせ

心を振り向き

真ん中の 心は 心臓 

下部の 久 は足の意味で 大事 大切にする、 好きな気持ちを相手に運ぶこと

「愛」過去を振り返ること

「愛」とは「人がゆっくり歩きながら後ろを振り返ろうとする信条」を表した漢字で

愛し を かなし と古語では読んだ

創世記でアダム エバ

突然裸であることが恥ずかしい

神は皮の衣を作ってくれた

皮は命あるものが犠牲になっていることから

イエスキリストの十字架を示唆している

愛の字の 上部 ツメカンムリ 

手のひらを下にして手を置く意味

神さまの手として 神に祝福されている 愛 という字

日本では 「愛」 という言葉は使われてなく「大切」と訳された。

私は 愛とは 今 未来にあるものと思っていたが

振り返ること

そう、振り返り 認められないこと、受け入れられないことを受け入れ

大きな心になり 全てが今の為にあること

意味のあることと考え

至らないこと できないことは その学び 気づきであることを知ること

頭で思い 角度を変えることもできる

それが愛  

どれだけも理性で対することが愛 

アインシュタイン

愛の爆弾より

『なぜなら愛こそが生命の真髄だからだ』

最新情報をチェックしよう!