心を込める

  • 2020年11月14日
  • 2020年11月18日
  • 未分類
  • 6View
  • 0件

思いを集中して紙に筆を下す

思いって何?

思いとは

「祈り」

言葉を書いているが、言葉 字を追っているわけではない 

肉体身体に染み込んだ 言葉 言霊 願いや解釈 切なる思い 

希望を 夢を 愛を 表現すること

紙に滲む墨に

思いを馳せ

筆を動かす

任せるように

時には 呼吸と一緒に

愛するエネルギーの波動を

筆先 「命毛」から紙に出す

幸せなひと時であったり

厳しい緊張の瞬間であったり

決して媚びない これだけは言える

心を込める って

面白い

込めているようで

出している

物に

人に

作品に

情熱を持って

熱き思いも 静かなる思いも平穏さも

全て内に秘めて 込める

息を吸い込み

そして

静かに吐くように

見つめる

我が魂を

じっと動かずに

佇む

振り返りも

先も見ない

今 に 心を置く

今だけを感じ 見る 向き合う

ここに全てを集中する

奇跡が起きる

統合との一致の瞬間が訪れる

やはり

ここでも神が宿る

大いなる力の存在

そして それは全て 我が身の中にある

心  

MAIND を

魂に

SUPIRIT に落とし込むこと

魂が磨かれていく

心を込めるとは

魂磨き

日々

魂磨きをして

命を使い

生きたいと思う

最新情報をチェックしよう!